土地を持っていない方でも、低リスク・完全無料で土地付き・分譲太陽光発電に投資できる

(フリーダイヤル)0800-111-5585 受付時間 平日10時~20時までお気軽にご相談ください

他の投資商品との違い

他の投資商品との違いについて

土地付き・分譲太陽光発電と株式投資、不動産投資、外貨投資、FX等の他の投資商品との違いについて、はじめやすさ、投資収益率、利回り、流動性、税制優遇について比較したいと思います。

土地付き・
分譲太陽光発電
不動産投資 株式投資 FX
はじめやすさ ×
すぐに入手可 建設に時間が必要 すぐに開始可 すぐに開始可
投資収益率 × ×
ローリスク
ミドルリターン
ローリスク
ローリターン
ハイリスク
ハイリターン
ハイリスク
ハイリターン
利回り × ×
想定表面利回り
10%前後
想定表面利回り
5%~10%
利回り3%~25% 利回り3%~25%
流動性
すぐに現金化できない
※中古販売可能
すぐに現金化できない
※中古販売可能
すぐに現金化
できる
すぐに現金化
できる
税制優遇 × ×
一括損金計上が可能
必要経費化が可能
(所得税、住民税の節税)
必要経費化が可能
(所得税、住民税の節税)
なし なし

※各商品の利回りについては、一般的な数字となります。

不動産投資との利回りの比較について

想定利回りの比較
想定利回りの比較
土地付き・分譲太陽光発電と不動産投資の想定利回りについて比較します。

一般的には、不動産投資は想定利回り5%~10%(15%や20%の物件もまれに存在します。)で、土地付き・分譲太陽光発電は想定利回り9%~11%と言われ、想定利回りよりも実質利回りの方が低くなります。

それぞれメンテナンス費、補償費、金利がその他の費用としてかかってくるため、実質の利回りとしては、想定より低くなりますが、不動産投資の場合だと空室リスクがある為、さらに実質利回りが低くなるケースがあります。

また不動産投資の場合だと、必ず入居者を見つけなければならず、入居者が見つからず空室のままであれば、その期間は家賃収入を得ることができません。土地付き・分譲太陽光発電の場合は、太陽光が入居者です。そして、国が20年間同じ価格で電力会社に売電できる事を約束しています。

そのため、土地付き・分譲太陽光発電は、不動産投資のような20%近い利回りは現状存在していませんが、9%~11%の金利でほぼ変動しないため安定性が非常に高いです。

不動産投資との保守・運用の比較について

土地付き・分譲太陽光発電の修繕費は、想定金利の中に含まれており、補償の対象内となっています。太陽光発電システムが故障しようと、修理交換は補償で行う事ができます。

また、不動産投資についても、部屋の修繕費の積立は契約時に盛り込まれているケースがほとんどです。

これだけを見ると土地付き・分譲太陽光発電と不動産投資はリスクが低く感じるのですが、不動産投資の場合ですと、不測の事態による管理費が発生する可能性があります。入居者が逃げた場合です。これは家賃と同に大きなリスクです。土地付き・分譲太陽光発電の場合は修繕費のリスクはほぼ無いといえます。

各種投資商品と比較しても、土地付き・分譲太陽光発電は安心かつ安定した収益が見込まれる投資商品となっています。