土地を持っていない方でも、低リスク・完全無料で土地付き・分譲太陽光発電に投資できる

(フリーダイヤル)0800-111-5585 受付時間 平日10時~20時までお気軽にご相談ください

ファイナンスについて

金融機関による融資

分譲太陽光発電のご購入を検討される際に、融資を希望される方も多いかと思います。

融資を受けるには担保を必要とされるケースが多く、実際には融資を受けられない方も少なからずいらっしゃいます。土地付き・分譲太陽光発電のなかでも「土地売買型」の物件であればお客様自身に所有権があり、物件自体が担保となって融資がおりやすくなるようですが、「土地賃借型」の物件は担保となりえないため、融資を受けることが難しくなるようです。

公的融資機関

民間銀行の融資や信販会社のソーラーローンと比べて金利が低い(0.5%~1.75%)のが特徴です。公的融資機関には国民生活金融公庫や日本政策金融公庫があります。

金利が低い反面、担保や保証人が必要な場合もあり、事業計画書や返済計画書が必要となります。また、融資を受けるのに比較的複雑な手続きが必要になります。

各民間銀行による融資

一般的には公的融資機関よりも金利は高く、信販会社のソーラーローンよりも金利が低いものが多いです。銀行の中には公的融資よりも金利を安くしているところもあるので、ご希望の方は一度銀行に問い合わせてみるとよいでしょう。

なお銀行は太陽光発電事業への融資に対して積極的になってきており、審査や必要書類はありますが比較的審査が通りやすいという側面もあります。

信販会社によるローン

公的融資機関や、民間銀行融資と比べ、金利が高く(2-4%)なってしまうことが多いですが、担保が必要な融資に比べ、無担保・無保証人で融資を受ける事ができるのが大きな特徴です。
また販売会社が提携ローンを持っている事も多く、その際は金利の優遇がされていることもあります。

またローンを組む方が多いですが、売電シミュレーションに基づいたしっかりとした返済計画が必要になります。

金利を考慮した売電シミュレーション

融資を受けた場合は、通常の販売価格や必要経費に加え、金利が発生します。

通常、販売会社から提供される利回りの計算や売電シミュレーション等は金利を考慮したものにはなっていない為、金利が発生した場合、利回りや売電収入がどういった形になるのかといった事もあらかじめしっかり確認を行い、購入前と購入後のギャップを感じないようにしておきましょう。